ウェブサイト検索

Microsoft Excelで無効なデータを丸で囲む方法


要件をすり抜けた無効なデータを見つけます。

Microsoft Excel でデータ検証を使用すると、誤ったデータ入力を防ぐことができます。ただし、その検証が計画どおりに機能しない場合もあります。これを解決するには、無効なデータのサークル機能を使用できます。

データ検証では、セルに数式が含まれていたり、データがすでにセルに入力されている場合があります。残念ながら、このような状況では、必要なデータ検証がスキップされる可能性があります。これが発生すると、不正確なデータが得られる可能性があります。 Excel に丸印を付けて、それを見つける方法を見てみましょう。

データ検証によるエラー処理

セルまたは範囲のデータ検証を設定するときに、同時にエラー処理を追加できます。これは、入力しようとしている内容が無効であることをユーザーに知らせる良い方法です。

何を入力する必要があるかをユーザーに知らせるメッセージを提供することもできます。

無効なデータを丸で囲む

データ検証が機能しない完璧な例は、数式を使用する場合です。特定の数値、10 進数、または日付が必要な場合があります。数式の結果が変化し、データが要件を満たさなくなった場合、そのデータは許可され、エラーは表示されません。

例を見てみましょう。ここでは、セル A1 と A2 の値を加算し、結果を A3 に配置する数式があります。セル A3 には 10 ~ 20 の数値のみを許可するデータ検証が設定されています。

まず、式の結果がデータ検証要件内に収まります。

ただし、セル A1 または A2 の数値が変更され、数式の結果が変更された場合、データは無効であっても、引き続きそのセルに入力できます。さらに、エラー メッセージは表示されません。

この場合、無効なデータのサークル機能を使用できます。

[データ] タブに移動し、[データ検証] ドロップダウン矢印を選択し、リボンの [データ ツール] セクションで [無効なデータを丸める] を選択します。

データ検証が行われたセルと、その周りに赤い円で囲まれた間違ったデータが表示されます。

これにより、必要な修正を行うことができます。その後、円が削除されます。データを受け入れる場合は、[データ検証] > [検証サークルのクリア] を選択することもできます。

無効なデータのもう 1 つの主な例は、セルにデータがすでに存在しその後データ検証を設定する場合です。ここでは、セル内に 10 文字を超えるテキストがあります。 10 文字未満のテキストのみを受け入れるように検証を設定しても、無効なデータは既存のものであるため、検証では無効なデータは検出されません。

この場合、Circle Invalid Data の使用は期待どおりに機能します。

これらの例以外にも、データ検証が行われたセルに無効なデータが入り込む例が存在する可能性があります。 Microsoft が述べているように、これはデータをコピーしてセルに貼り付けたとき、塗りつぶし機能を使用したとき、またはマクロを実行したときに発生する可能性があります。ただし、単にデータを貼り付けたり入力したりできないエラーが表示される場合があります。あるいは、場合によっては、データ検証が単に削除されることもあります。

...コピーまたは入力によってセルにデータを入力した場合、セル内の数式が無効な結果を計算した場合、またはマクロが無効なデータをセルに入力した場合、検証メッセージが表示されず、無効なデータが入力される可能性があります。セル。

無効なデータのサークルは、これらの追加の状況では機能しない可能性がありますが、最初にデータ検証を設定するときは、これらの他のシナリオを念頭に置いてください。また、可能な場合は、無効なデータのサークル機能を使用することを忘れないでください。