ウェブサイト検索

Microsoft Excelでテキストを大文字にする方法


テキストを大文字、小文字、または適切な文字に変更してください。

Microsoft Excelの場合

UPPER

LOWER 、および PROPER 関数を使用すると、テキストを大文字にしたり、小文字または適切な大文字に変換したりできます。テキストをセル参照として指定することも、関数内で直接指定することもできます。その方法を説明します。

UPPER 関数を使用してテキストを大文字にする

追加したテキストのすべての文字を大文字にしたい場合(つまり、テキストを大文字にする)、Excel のテキストを指定します。

UPPER

以下のように機能します。

まず、スプレッドシートで、大文字のテキストを表示するセルを選択します。

選択したセルに次の関数を入力し、Enter キーを押します。関数内の B3 を、大文字にしたいテキストを含むセルに置き換えてください。

=UPPER(B3)

セルにテキストがない場合は、次のように関数にテキストを直接指定します。この関数では、My Text を大文字に変換するテキストに置き換えます。

=UPPER("My Text")

Excel では、選択したセルに結果として得られる大文字のテキストが表示されます。

これで準備は完了です。

LOWER 関数を使用してテキストを小文字に変換する

テキストのすべての文字を小文字にするには、次のように Excel の LOWER 関数を利用します。

Excel スプレッドシートで、小文字のテキストを入力するセルをクリックします。

選択したセルに次の関数を入力し、Enter キーを押します。この関数では、B3 をテキストが配置されているセルに置き換えます。

=LOWER(B3)

関数内で直接テキストを指定するには、次のように関数を使用します。ここで、Your Text を独自のテキストに置き換えます。

=LOWER("Your Text")

現在のセルに小文字のテキストが表示されます。

以上です。

PROPER 関数を使用してテキストを適切な大文字と小文字に変換する

大文字と小文字が適切であれば、テキスト内の各単語の最初の文字が大文字になります。このテキスト書式設定を使用したい場合は、次のように PROPER 関数を使用します。

まず、スプレッドシートで、結果を表示するセルを選択します。

選択したセルに次の関数を入力し、Enter キーを押します。ここで、 B3 を、大文字と小文字を適切に変換したいテキストが含まれるセルに置き換えます。

=PROPER(B3)

関数内でテキストを直接使用したい場合は、以下の関数を使用します。ここで、テキストを独自のテキストに置き換えます。

=PROPER("our text")

Excel は適切な大文字と小文字の書式設定を適用し、選択したセルに結果を表示します。

これが、Excel のさまざまなテキスト関数を使用してコンテンツを大文字、大文字、小文字にする方法です。スプレッドシートでテキストを楽しく作業してください。